Twitter&RSS購読
Twitterアカウント
@movieslife
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

RSS1.0
RSS購読

Atom0.3
RSS購読

other RSS Reader
PROFILE
ENTRIES
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ARCHIVES
Blog Parts



QR
   qrcode
Windows10 邪魔な「WebとWindowsの検索」をアイコン表示にスッキリ表示
今回のミッション目標はコレ


邪魔・見苦しい・いつも要らんの三重苦となっているWindows10の「WebとWindows検索」の検索窓。Windows10の画面の下の方にあるタスクバーの中でも悪い意味で存在感があります。

でーんと鎮座してますね。常に要らないです。

今回はこれをスッキリアイコンに変更する方法です。

検索窓を右クリックします。右はお箸を持つ方です(右利き限定)。

メニューがでるので「検索」を選択。

検索窓の表示方法が選択できます。

ここでは「検索アイコン」を選択・


どーです?www
このすっきり感大切だと思いますよ。検索はアイコンクリックで窓が表示されるので同じように使えます。

JUGEMテーマ:Windows


| category: Twitter/Ustream | author : 小野雪風 |
【ツイッターのお作法】匿名か実名か?
【答え】
好きな方でど〜ぞ(苦笑)

よく比較されるfacebookは実名登録がルールですが、ツイッターの場合は匿名も実名もどちらも自由。

孫正義さんツイート
昨日、twitterの会長Jack Dorseyに会った。 日本では、99%くらいが非本名のアカウントである事を驚いていた。米国では、6割か7割くらいが本名らしい。


ということで圧倒的に日本では匿名での利用が多いようです。匿名での発言を非難する人もいますが、大多数の一般人にとってネットでの発言はリスクが高いもの。「気楽に」「気軽に」つぶやける匿名が多いのも頷けます。生活での他人の視線をあまり気にしない所が良いのかも。

その一方、実名を公表することで仕事や諸々の活動でインターネットの世界を越えて上手にリアルな生活につなげている人も大勢います。例えば収監中のホリエモンは知名度を活かしてフォロワーを増やし、それらの人を有料のメルマガに誘導して収入を得ています。

あまり「◯◯すべき」というようなことはありません。ただ、匿名なのに自分の個人情報を必要以上にプロフィールやツイートに織りまぜてしまい、何かのきっかけで炎上してしまう人もいます。

【ツイッター炎上事件】
社員の“選手中傷”をアディダスが謝罪「厳正なる処分を検討いたします
<番組ねつ造>「食行動は操作できる」放送作家がブログで
「放送大学は本当の大学ではない」とツイッターで発言し炎上(群馬大学の教授とほぼ特定される)
AKB48の平嶋夏海・米沢瑠美がtwitterで彼氏疑惑→AKBの活動を辞退
なでしこ熊谷紗希選手 合コンで監督批判をしてたらツイッターで実況されるw

最後のなでしこジャパンの熊谷選手に至っては知人とちょっとお酒を飲んでポロッと発言したことを、その場に居た人物によってツイッターで実況されてしまうという事件。試用期間中の会社を解雇されたり、絶頂期のアイドルグループから脱退したりとイロイロ。論文の内容までチェックされ、その内容が不正では無いか?と疑いを掛けられるケースすら起きています。

同じSNSのmixiに慣れている人がむしろ陥りやすいのが「そんなにフォロワーもいないし、知り合いばっかだから大丈夫」と迂闊な発言(例えば犯罪を犯したとか、サービス業でお客さんをdisったり)で、リツイートされて一気にネットに拡散される事件も起きます。炎上するとネットにアップした画像に映る背景や発言から本名や自宅の住所、勤務先まで特定されることも。例え匿名であっても、人通りの多い駅前で発言したらマズイことはツイッターでも同じように発言しないというのがポイントでしょうか。

【実名向き】
・政治家
・ビジネスでの利用
・芸能人やスポーツ選手(応援してくれるファンがいるような人たち)
・自分の活動や名前を大勢の人に知ってもらいたい人

【匿名向き】
・会社の同僚や取引先・同級生・家族・隣人にフォローされたら窮屈に思う人
・良いことも悪いことも、愚痴なども気楽にツイートしたい人
・政治や宗教、思想について包み隠さずつぶやきたい人
・リアルな友人との繋がりはFacebookで行なっている人

JUGEMテーマ:twitter
| category: Twitter/Ustream | author : 小野雪風 |
CEATECレポート★さったろ × BestGear REGZA Special in CEATEC
CEATECがらみの締めはDJ TAROさんとサッシャさんのJ-Waveパーソナリティーコンビ「さったろ」によるUstream中継 in CEATEC。遂に生さったろ体験。

さったろCEATEC(1)

グラスレス3Dテレビ(裸眼で3D映像を楽しめるテレビ)を発表して話題となっている東芝。その東芝のブースから「さったろ」の二人がUst中継を行った。お馴染BestGearさんとのコラボで旬な話題で盛り上がった。自らを「レグザー」と呼ぶさったろ。実際に東芝REGZAのユーザーである(これもたまたま過去のUstで二人が同じタイプを所有していることが判明)。

さったろCEATEC(2)
実はこのグラスレス3Dテレビ。大変注目されているため、数時間待ちの行列ができていた。聞いた話では3時間とも。で、いくら興味があっても他のブースもチェックしたいため実際に観ることは諦めていた。ところが、流石はさったろ!Ust中にサッシャさんがステージから降りてきて12型の3Dテレビを聴衆に見せて歩き始める。割と前にいたので、飛び出るというよりはオブジェクトの奥行きが表現される独特の感覚を体験できた。さったろ大好きだよ〜ん(笑)。そして、サッシャさん優しいなあ、もう。

これは映画館の3D映像、例えばアバターの飛び出てくるようなものとはちょっと違うかも知れない。しかも、最初から1インチ1万円という驚きの低価格で発売するそうだ。あの奇妙な3Dメガネは大変評判が悪い。裸眼で楽しめるタイプが普及するんじゃないだろうか?これまでの2Dも自動的に3D化する機能もあって、3Dコンテンツを絶対的に必要とする訳ではないのも有利だ。

余談だけど、さったろの二人が帯で担当しているJ-Waveのラジオ番組Hello Worldでエリック・クラプトンの「Chenge the World」をリクエストしたらTAROさんがかけてくれました(TAROさんと選曲スタッフ様ありがとー)。多くのリスナーは「かかる曲の傾向がつかめない」と言ってましたが(苦笑)、多分「世の中変わるぞ」的なメッセージをTweetしたからだと思ってます。いわゆるワールドつながりかな?(それはunderworldだろ?的なツッコミあるか)

今日は楽しかった。そして、実物のTAROさんとサッシャさん。いつもUstで観ているまんまの印象。違和感が無いのが違和感だったくらい。



| category: Twitter/Ustream | author : 小野雪風 |
田原総一朗×津田大介対談「ツイッターとジャーナリズム」 on Ustream 講談社主催
Ustreamでは日々著名人の番組や対談が行われるようになった。本日は田原総一朗さんと津田大介さんの対談。特にTwitterを軸としていて、Twitterを始めて1ヶ月の田原さんが津田さんにTwitterの歴史やどんな人達がつくったのかを聞き出していく部分はこれからTwitter始めてみようと思う人にぜひご覧になって欲しいと思います。使い方じゃなくて、楽しみ方を理解するキッカケとなりそうです。



Twitter創業の頃から日本への普及まで話が及ぶ。批判も含めてTweetに対して多くの反応があるのが面白く、それでいて2ちゃんねるのような「便所の落書き」的な掃き溜めにならない不思議さを指摘。そして、何より「今」思ったことをダイレクトに伝えられる素晴らしさに田原さんは目を輝かせる。

そうはいっても必要以上にジャーナリスティックな話とはならず、誰でも見やすい番組でした。

田原総一朗さんのTwitterアカウント
@namatahara

津田大介さんのTwitterアカウント
@tsuda



| category: Twitter/Ustream | author : 小野雪風 |
「光の道」全ての国民に光を 孫正義vs佐々木俊尚対談
ソフトバンクの孫正義社長とITジャーナリスト佐々木俊尚氏による対談Ust中継。開始から5時間近くも熱く議論を戦わせる場となった。



議論の発端は総務省が検討している「光の道」構想。これは民主党の肝入りで光ファイバー回線を全ての家庭に整備する構想。その総務省の作業部会で孫社長が税金を一切使わず光回線を日本の全ての家庭に整備できると提案した。これに対して「電子書籍の衝撃」などの著作で知られる佐々木氏が自身のブログで「ソフトバンクの「光の道」論に全面反論する」とぶちあげた。これらの流れの中で両氏とも利用しているTwitter上で両者の対談を望む機運が生まれた。孫社長の「やりましょう」とTweetが遂には巻き起こり、今日の対談が実現した。

孫社長のプレゼンは税金を1円も使わず光回線を整備できると考える自説の根拠を説明した。莫大な費用のかかる上に速度の遅いメタル回線(銅線)を撤去し、替りに光ファイバーを各家庭まで光回線を引いた方が事業者のNTTが黒字となりコストはペイできるという考え。

一方の佐々木氏。実は孫社長とは論点が違っていて、インフラではなくコンテンツや取引、メディアが流れる「プラットフォーム」を創る大切さを訴えた。これは非常に重要なことで、孫社長もそのポイントは肯定していたが、そもそも「光の道」というインフラ整備の話しとして議論がかみ合わない状況となってしまった。勿論、佐々木氏は百も承知だっただろう。むしろ、民主党や総務省のインフラを優先する姿勢を批判することが目的であり、税金の投資を行うならばインフラよりプラットフォーム創出へ投資すべきだという論法だった。

結局、結論らしいものとしては既に提案した孫社長の国費を用いず光回線を整備する根拠を検証する専門家のスキームが必要で、必ずやるべきだということ。孫社長の提案するメタル回線の撤去と、同一エリアを半強制的に光ファイバー化してしまう方法がほんとうに見積もり通りに実現可能なのかは事業者のNTTや工事業者でなければ算出・検証できないだろう。更にいえば、「光の道」をぶちあげる総務省や民主党の責任であるとも言える。孫社長に反論するならば正確な数値による批判や議論が必要ということだ。

こういったことにより、佐々木氏も本当に国費がゼロで実現できるのであれば完全に同意できると結論づけた。勿論、専門家により「オープン」な検証が大前提であるとしながら。

「ボクは日本が好きだ!」と涙をこらえながら語る孫社長。ひょっとしたら最大の見せ場だったかも知れない。

ニコ動ユーザーからの質問「iPadのSIMロックを解除すべきでは?」に対して、既存権益との戦いの中で重要な武器だから手放せないと応じた。また、世界中のアップルの販売パートナーの中で最も情熱を尽くしてiPhoneやiPadを販売しているから、アップルが選んでくれたのだと。なお、契約書上には独占契約の文言は無いと明言した。

まあ、既存のテレビなんて観る気が失せる両番組だった。中継を担当したそらのさん。いろいろとがんばったとは思うが空回りというか、そもそも内容そのものが守備範囲では無いのではないかと思う。身の丈にあった、彼女らしい番組をやればいいじゃんと私は思う。もう、Ustream中継できる人はいくらでもいるのだから。

【関連記事】
毎日新聞「対談:どうする「光の道」 孫社長と佐々木氏が論戦」

Tech Wave「本日20時から 孫正義vs佐々木俊尚 徹底討論「光の道は必要か?」」

navicon「今夜開催、孫正義vs佐々木俊尚・「光の道」巡り徹底討論―Ustreamとニコニコ生放送でライブ配信」



| category: Twitter/Ustream | author : 小野雪風 |
ねとらじユーザーが違法音楽配信で逮捕される。 JASRACは容赦しないようだ(苦笑)
ねとらじユーザー、著作権法違反で逮捕〜音楽の違法ストリーム配信で

Ustreamのことではないが、ねとらじユーザーが違法に音楽を配信されたとして逮捕された。この人は「livedoorねとらじ」のラジオ番組で許諾の無い音源を流していたようだ。ネットラジオに限らずUstでもどう見ても許諾が無さそうな番組でバンバン音楽を流しているケースがある。

遂にこの分野にもJASRACはやって来るようだ。Ustream配信についてはソフトバンクの関連会社となったUstreamの日本支社ができるまでMySpaceが肩代わりする形でジャパン・ライツ・クリアランス(JRC)と楽曲利用許諾契約を結んでいる。これはユーザーの配信についてUstream側が肩代わりする形。ただし、使用できる楽曲はホワイトリストと呼ばれるリストに掲載された楽曲のみ。かつCDなどの音源をそのまま配信して良いのは「原盤利用が可能な楽曲のみ」である。

この原盤利用が可能な楽曲が多いのがスピッツ。そして一部アルバムだけ可なのがホフディランだ。ホフディランの小宮山雄飛さんがGeorgeTVで語った所によると、自分のネットラジオで掛けたいからそういった契約にしているそうだ。小宮山さん的には全てのアルバムがそうなっている(原盤を許諾)と思っていたが、一部だけなんだな・・・と思っているとも。

もちろん、ドミューンのようにちゃんと著作権使用に関する許諾を権利団体と処理していればUstreamで堂々と原盤を配信することは可能。ラジオやテレビですら包括契約してるのだから、一般人には到底個別に許諾交渉なんてできるとは思えない(がんばる人はいそうだけど)。また、アメリカと日本では著作権の考えが違うので一般利用者には難解である。例えば海外のDJでバンバン楽曲をミックスしてDJプレイしている人がいるけれど、「あれはOK」なんてことも聞く。あっちの人がやってるんだから・・・と言うノリで日本でも楽曲をかけると今回逮捕された人のようなことになるかも知れない。

うるさい事を言えば、著作権問題はクリアしてますと言っているニコニコ動画だが、実際にはBGMにまずそうな楽曲が沢山使われている。なんだろ、JASRACを目の敵にするだけでなく、権利者も利用者も双方にメリットがあるような上手い落とし所が見つけて、もっと音楽産業自体が盛り上がる方向になればいいと思う。



| category: Twitter/Ustream | author : 小野雪風 |
モーションダイ部 3回目定例ミーティングの巻 オープンしたばかりの渋谷Ustreamスタジオから
第3回目のデジタルステージ社主催の「モーションダイ部定例ミーティングUstream中継」がオープンしたばかりのソフトバンク渋谷Ustreamスタジオから配信された。



★出演者
平野さん(デジタルステージ)
三浦さん(デジタルステージ)

ヒロシさん(佐々木博/スナフキン)
タケオさん(谷田部タケオ/元デジタルステージのVJ)

そして途中から押し掛けさんは、
サッシャさん(ラジオパーソナリティ)

今夜は脱線がちのモーションダイ部の本筋、開発中のMD5についての現状をプレゼン。

★モーションダイブ5は大きく分けて2つのバージョン
(1)VJバージョン
リアルタイムに映像をミックスするソフト。Ustreamも配信できる。クラブや音楽イベントのライブ中継向き。現在は「初心者バージョン」を意識して開発しているそうです。ということは上級者向けの更にハイスペック版があるということでしょう。

ちなみにムービーのソースとして利用できるのはmovとaviだそうです。flvもプラグインを使えば取り込めるそうですが、三浦さん曰く推奨しないとのこと。

(2)Ustバージョン
平野さん曰く「カンファレンス型」。ラジオやテレビ番組風にUstream配信をするソフト。カメラは4カメまで登録可能。これはUstream Producer Proの3カメ上限を超える。そして音声のサポートも充実。マイク2チャンネル、BGM用に2チャンネル、そして素材ムービー用に1チャンネル。

画面キャプチャもUstバージョンは対応。好きなデスクトップの部分を切り出してUst配信できる。特に上限は決めないのでハードウェアスペックに応じてイロイロなカットをはさめそうだ。

ダッキング機能は複数の音声チャンネルを再生中に特定のチャンネルだけワンクリックでソロで送出する機能。議論中に司会者や運営者のマイクにフォーカスを当てたり、ムービーのサウンドトラックに集中したりするのに便利だろう。

オマケでボイスチェンジャー機能。これは音声を変換する簡易ボコーダー。意外にもタイムラインの反応が良かったようです。

まだまだ公開していない隠れた機能がありそうで、全容はつかめない感じでした。さらにこれらのバージョンからブランチ(枝分かれ)したバージョンも生まれるかもということです。VJ版の「上級者バージョン)や平野さんが以前から言っていたプレゼン用バージョン(もしくはブランチ)があるのかも。

★機能からではなくどんな番組を作りたいか?という視点で考える
後半はソフトウェア視点ではなく、部員たちがどんな番組を作りたいかという点から逆にUstバージョンを考える流れに。使い方を語ったり教えたりする人はいるが、どんな番組を作れば楽しいか語るので非常に面白い展開に。

・草野球
・学園祭
・ストリートパフォーマンス
・お祭り
・旅行
・学校の放送部へ無償提供

などなど楽しい意見が多数あがりました。やっと部活らしい流れです。この中でスポーツのスコアボードを切り出すなんてのもありましたこれはテレビ中継の少ないスワローズファンの私としては早速やってみたい気がします。デスクトップを切り出すだけならComTwistなどでもいいはず。

★次回の告知
いよいよ次回はモーションダイ部3Days!!となるようです。5/28からの3日間。懸案だったジャージをはじめ、オマケアプリや諸々を1万円以下で販売できるよう準備。デザイナーやプログラマーが集まるのかな?この様子をUstream中継。この季節はもうジャージいらないので、いろんなバージョンのTシャツの方が良いと思うのは私だけでしょうか?

★ちょっと気になるポイント
ポロっと三浦さんの口から出たのがMD5で中継をやるにはUstream Producerが必要なようです。エンコードなどは公開されていないため、仕方ないようです。これは重くなるので、あまり良いことではありませんね。

渋谷Ustreamでの配信は3組目。初日は「さったろ」のDJ TAROさんとサッシャさんのコンビ。2日目はITジャーナリストの神田さんのKNN。ゲストは本日も登場の佐々木さんだった。ちなみにこの日の中継では渋谷スタジオの後ろの壁をホワイトボードのように使っていたが、本当は絶対にしちゃダメな行為だそうです(苦笑)。管理するTVバンクにお願いして許可を貰ってやってるとか。これから放送する人は気をつけないと大変なことになるかもね。



| category: Twitter/Ustream | author : 小野雪風 |
米軍の基地をGoogleマップで確認してみた
何かと話題の米軍基地。「沖縄県民の痛み」とか「負担」という視点を一旦置いて、地図上から今回の問題を俯瞰するため、Googleマップに米軍の基地をセットして眺めてみた。

より大きな地図で アメリカ軍 を表示

米軍の基地マップを拡大

まず、東アジアの基地は日本に集中している。ハワイやグアムなどを経由してアメリカ本国の兵力が流れてくるイメージ。確かフィリピンにも基地はあったのだが、これは1994年に基地が廃止されている(テロ対策の名目で特殊部隊が駐留を再開)。もちろん、韓国にも3万人以上の兵力が駐留するが、これらは米軍再編の中で段階的に兵力が削減される予定だ。この「米軍再編」は特定の地域に基地を設置してベタッと張り付いて防衛するのではなく、世界をある程度のエリアに分割して、機動的に兵力を運用しようとする目論見だ。

米軍再編で太平洋、インド洋、そして中東までの広大なエリアをフォローするのが実は在日米軍なのだ。しかも、この世界戦略の中で日本の自衛隊は司令部や基地の共存を進めていて、控え目にみてもより日米両軍が強調して軍事行動を行う体制の強化となっている。横田基地、キャンプ座間、横須賀基地などがその中心だ。大国の正規軍同士の巨大な戦争ではなく、局地的な戦争やイラクアフガニスタンに代表される「非正規」な軍隊との戦いに対応する色合いが強い。

米軍再編の中で沖縄に駐留する米軍の一部が「国外」、すなわちグアムに移転する。なんだか忘れ去られてはいるが、他国の軍隊の引越しに日本政府は60億ドル以上を負担する。「沖縄の負担軽減」などが名目だろうが、とんだ”上納金”であることは言うまでもない。

さらに沖縄に目を転じてみよう(沖縄辺りをアップにしてみてね)。沖縄にはもちろん防衛目的で駐留する基地はある。台湾有事の際や、中国の首都・北京や上海にも近い絶好のロケーションだ。だが、それだけではなく米軍の訓練場としての重要な施設であることを見落としてはいけない。沖縄の気候は本州とは異なり、非常に東南アジアの熱帯に近い。防衛や出動のための地理的な要因だけではなく、東南アジアやインド洋周辺へ出動する米軍が、気候にマッチした訓練を行う絶好の場所となっているのだ。東京や神奈川にある基地は司令部機能や兵力を留め置く施設で、沖縄のそれとは大きく異なる。他国と戦闘していない型通りの演習を行っている自衛隊とは違い、絶え間なく実戦を行っている米軍にとっては、兵士の錬度を高める実に貴重な場なのだ。

重要な演習場という点を踏まえると米軍にとってあちらこちらに分散することは百害あって一利なしなのは一目瞭然である。例えば軍事音痴の民主党・鳩山政権が普天間基地移設を「最低でも県外」と明言した時点で米軍関係者は唖然としたことだろう。「さあ、訓練しよう!」となった時に何百キロも移動しているようでは話しにならない。民主党がやっと検討しはじめた鹿児島県・徳之島もなかなかの距離があり、アメリカが「話しにならない」と突っぱねるのも当然だ。一部を県外に移転など最初からありえない話しだろう。

我らが鳩山首相は最近になって「沖縄基地に抑止力があるなんて思ってもいなかった」と仰天するような発言をして周囲を驚かせつつも呆れさせた。母親から大金を政治活動費用として受け取っていたことを「知らなかった」で政治資金規正法の違反を免れた人だ。日本のおぼっちゃんは「知らない」と言えばなんでも通りそうで、却って恐ろしい(苦笑)

もちろん米軍再編とその世界戦略に日本が組み込まれることに対して、何の抵抗もせず唯々諾々と従うことが是なのか?という、基地問題以前の大問題が全然議論されていない。何か有事が起きてから、日本がアメリカに協力するか否かをその都度問われることは目に見えている。そういった折に交わされる国会の議論の低さは驚くべきものがある。「危険な地域はどこだか分からないが、多分危ない所にはいかない」「自衛隊は海外の軍隊に守ってもらう」なんてのが思い起こされる。

世界がピースを叫んで自然と世界平和が訪れれば、かくいう私も最高に幸福だろう。だが、過去の歴史上も現在においても、そんな世界平和が実現したことは一度足りともない。その一方で、軍事を傭兵に任せて滅びた国や、軍備を怠り他国に侵略され全てを奪われた国は多々ある。第二次世界大戦で連合国に無条件降伏し、事実上アメリカに保護された日本にとっては、日米安保などの軍事同盟は国家全体の問題でキレイゴトだけで済む話ではない。

よりによって我らが鳩山首相は5月中の解決を公言してる。まあ、普通に軍事に関心を持っている人にとって、聞いた瞬間「そんなの無理じゃん!」という話しなのだが、勝手に”約束”しちゃったんだからどうしようもない。とあるグルメマンガの作者が「悪いのは昭和天皇と自民党だ」と発言したそうだが、「だからどうするの?」という点が皆無というどうしようもない意見だと思う。政権交代というものはそういった過去を全て引き受けた上で新しい改革や方向性を示すものだというのに。日米安保などをひっくり返すようなウルトラCなんて誰も持ってないんだから、安直に変な約束や公約をすべきじゃなかったのだ。

自民党・石破茂政調会長のコメント(ソース
「要するに現実を見ない夢物語をずっと語ってきたと言うことか。安全保障を勉強しないまま『国外、最低でも県外』と口にし、安全保障の最高責任者の内閣総理大臣になっちゃったと」


いつもはUstreamやTwitterの話しばっかなのに、たまにこういった話しも書く変なブログにお付き合い頂きありがとうございます(涙)



| category: Twitter/Ustream | author : 小野雪風 |
親子英会話 ジョージTV(GeorgeTV) on Ustream アレックス王子の笑顔がステキ
平日夜のお楽しみは既に地上波テレビ局から完全にUstream配信に移行してしまった。その中でも最高に大好きなのがジョージTV(GeorgeTV)だと思う。毎週恒例の「親子英会話」が配信された。なお、今週からオープニングとエンディングが新しくなり、よりカンフーっぽさが増した。



今回はゴールデンウィークの暑い盛りに公園でアイスクリームを食べるジョージ一家。いつものヴィヴィアンだけでなく、長男のアレックス君も登場。3歳のアレックス王子は口達者ではないが、とても表情が素晴らしい!!アイスクリームを口にした瞬間の幸せそうな笑顔があまりにも眩しい!うーん、かわいいな。

また、当初のジョージア(缶コーヒ、日本コカコーラ)に続いて新スポンサーNECモバイリング社の「UFOスピーカー」のCMが流れるように。ちなみに番組内でお知らせのあるモニター応募用のメールアドレスにメールを送ると、抽選で毎週1名がモニターに当選します。



| category: Twitter/Ustream | author : 小野雪風 |
勝間和代とひろゆきの対談 かみ合わない価値観が面白い
勝間和代とひろゆきの対談が行われ、YouTubeにその模様がアップされて話題となっている。何が面白いと言うかというと、この二人のネットに関わる出自が真逆だからだ。勝間氏はパソコン通信ニフティの育児フォーラムのシスオペ(管理人)を担っていた。一方のひろゆきはご存知巨大匿名掲示板2ちゃんの生みの親。

インターネットの黎明期やパソコン通信の時代を知っていると、この対談は恐ろしく興味深い。ニフティのシスオペと言えばがっちりとコミュニティを管理し、利用者に「マナー」を強く求める。一方のひろゆきは「名無し」文化の発祥の中心のよな存在。まあ、水と油のような関係。白熱しないワケがないこの対談、個人的にはセッティングした人間が悪意もってるんじゃないかと勘ぐりたくなる。



勝間vsひろゆき対談2/3
勝間vsひろゆき対談3/3

「〜であるべき」「〜しなくてはいけない」という前提の元に成立する勝間氏の議論が次々と崩壊。勝間氏の様子がおかしい。遂には「写像(しゃぞう)」という言葉を知らないひろゆきを「ダメだこりゃ!」となじる始末。以下、会話の抜粋。

■インターネットの匿名性について
(勝間)それはIPアドレスの請求をして開示して辿ることが可能ですよね?
(ひろゆき)インターネットではトレーサビリティがあれば匿名か匿名でないかは意味がない

■匿名のコミュニティは荒れるという点で
(勝間)鬱憤晴らしのための批判、揚げ足取りみたいなスレッドがありますよね?それは正しいですか?
(ひろゆき)社会ってそんなもんじゃないですか?居酒屋とかいけばそんな話ししてるじゃないですか。

■勝間氏がひろゆきをなじる
(勝間)リアルな話しに対する写像について・・・
(ひろゆき)「しゃぞう」とはなんですかね?
(勝間)だめだこれ


そもそも「どうしてそうしなくてはならないのか」という点が曖昧なことがあからさまになる。追い込まれると論点をそらそうとする勝間氏の感じの悪さが際立つ。終いには、ひろゆきが上から目線で相手より良いポジションを得ようとしている。困ると自分のフィールドに逃げると非難するが、どうやらそれは勝間氏本人の姿だったようだ。結論。ひろゆきの圧倒的勝利(苦笑)

世間で「Aと言われてる」事柄について本当にそうなのか?自分ならどう思ったり感じたりするのか素直に考えてみるのが、ひろゆきだと私は思う。だから、勝間氏の「世間的にはこう言われているがどうか」的な話については、勝間氏が前提としている所からひっくり返してしまう。その結果、勝間氏の発言はどうひいき目に観たとしても支離滅裂な論調になってしまう。「〜であるべき」というちょっとした”トリック”からスタートする勝間氏が崩れるのも当然といえば当然か。

まあ、勝間氏に感じる嫌悪感。自己啓発セミナー受けてる人ってちゃんと幸せになってるんだろうか。



| category: Twitter/Ustream | author : 小野雪風 |
| 1/4PAGES | >>